シュレンヌ
32/220

日本古来の市松模様が素敵なお皿です。取り分けるのに丁度良いサイズを揃えました。現在まで代々続く縁起模様を日常に碁盤目状の格子の目を色違いに並べた市松模様は古来より続く伝統の和柄。石畳のようでもあることから「石畳模様」と呼ばれた時代もありました。上下左右に途切れることなくつながっていくこの柄は子孫繁栄や事業拡大などの象徴としても親しまれる縁起模様で、シンプルだから和食だけでなく、さまざまなお料理にマッチします。お申込番号 K102-03116かや目市松 取皿5枚組● サイズ/径16.4×3cm● 材質/陶器● 本体重量/約1kg● 生産国/JPNAvantgarde31Avantgarde

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る