バスティア
18/244

本場フランスでのワインの愉しみ方は、実は人それぞれ。ワインを嗜む文化は日常に溶け込んでいて、決して堅苦しいものではありません。好きなメニューに好きなワインを合わせることから始めれば、もっと身近に感じられるはず。セオリーにとらわれない自分スタイルでワインとの付き合いを始めてみてはいかがでしょう? ちなみに、ワインの味の決め手となるのは、素材となる葡萄と醸造される環境の違い。この傾向は、実は日本酒の特徴とそっくりなのです。そう考えると、ワインがもっと身近に感じられるかも知れません。今日の食卓はワインが主役ご家庭で手軽に愉しむ贅沢時間ソムリエナイフ商 品 名ルージュ(赤)生 産 国フランス ブルゴーニュ品   種ユニ・ブランコロンバール、アリゴテタ イ プライトボディ飲み頃温度14~16℃程よいタンニンを含みワインを飲み慣れた方にも満足して頂けるしっかりとした味わいになっており、それでいて心地よい酸味で口当たりがよく飲みやすい赤ワインです。お申込番号 K104-01719マリ・クレール 〈“シンフォニー”〉 ルージュ(ソムリエナイフ付)● 内容量/750ml※酒類は年齢確認が必要です。WineWonderful Resort Life17Wonderful Resort Life未成年の飲酒は法律で禁止されています。未成年の方より、酒類のお申し込みはお受けできません。お申し込みハガキの年齢確認欄へ、年齢のご記入をお願いいたします。

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る